化粧品を使ったほうれい線の消し方とは? 人気コスメもご紹介

Pocket

化粧をしてもほうれい線を完全に消せるわけではありませんが、目立たなくすることはできます。ですから、テクニックを知っているのと知らないのとでは仕上がりに大きく差がつくのです。女性としては、やっぱり人から若く美しく見られたいですよね。ほうれい線を目立たなくするメイク法は慣れてしまえばそれほど難しくはないので、自信を持って人前に出るためにもぜひトライしてみてください。ほうれい線対策に使える人気化粧品もランキング形式でご紹介します。

ベースメイクの選び方と塗り方

ほうれい線を消すための化粧下地は、肌の凸凹を埋めてくれるシリコン製がオススメ。しわの間にファンデーションが溜まることも防げるので、時間がたってもキレイな状態を維持することができます。また、保湿効果が高いことも重要。肌が乾燥するとそれだけしわが目立ちやすくなるので、できるだけ質の良いものを選んでください。

厚塗りはメイク崩れの原因になるので、下地を使う時は適量をごく薄く伸ばします。ほうれい線を指で伸ばすようにしながら少しずつ、時間をかけて丁寧に叩き込んであげてくださいね。ちょっと面倒ですが、メイクの仕上がりを良くするには絶対に欠かせない作業です。

ファンデーションは、粉っぽいパウダーよりもリキッドやクリームタイプのほうが良いです。下地と同じで、厚塗りは厳禁。スポンジを使ってほうれい線の上からトントンと叩き込み、ナチュラルに仕上げてください。さらに、この後、肌色よりやや明るいコンシーラーを軽く叩き込むと、ほうれい線はより目立たなくなりますよ。

外出先でメイク直しをする方法

メイクの崩れが気になる時は、脂っぽい部分をティッシュで押さえてから乳液で保湿し、スポンジを使ってファンデーションを薄く伸ばしていきましょう。メイク直しといえば昔からよく脂取り紙が使われていましたが、肌に必要な脂分まで取り去ってしまう恐れがあるので、ティッシュや汚れていないスポンジのほうが安心です。

乳液を使うのは、時間とともに抜けていく水分を補うため。朝は洗顔とスキンケアをしたばかりなので肌も十分にうるおっているのですが、お昼~夕方にかけて徐々に乾いていきます。特に、1日中空調のきいた室内にいると乾燥しやすいので、時々お肌を触ってチェックし、カサつきを感じたらこまめにうるおいを補給しましょう。

ほうれい線対策に使える人気化粧品ランキング

<1位:クリアエステヴェール>
「クリアエステヴェール」は、美容成分をたっぷり配合したファンデーション。乾燥しやすい肌も1日中うるおうので、時間がたってもメイク崩れしにくいのです。シミ、シワ、毛穴をキレイにカバーしてくれるのも高ポイント。

<2位:シルキーカバーオイルブロック>
伸びが良く、さらっとした使い心地の化粧下地です。さっと塗るだけで肌の凸凹を自然にカバーし、ほうれい線に入り込むファンデーションをカットしてくれますよ。アンチエイジングに有効な成分を多く含むので、年齢肌に悩む人にもぴったりです。

<3位:ナチュラグラッセ ハイライトソルベ>
光と色の働きで、気になるほうれい線を目立たなくしてくれるハイライト。下地やコンシーラーだけでは消えないという人は、仕上げに使ってみるといいかも? 4色入りなので、他にもいろいろな使い方ができますよ。

おわりに

ほうれい線を目立たなくするメイク法について、いかがでしたか? ほんの少し工夫するだけで仕上がりは驚くほど変わるので、興味のある方は練習してみてくださいね。コスメを選ぶ時は、肌の凸凹を埋める効果や保湿力を条件に探すことをオススメします。朝のメイクだけでなく、外出先でのメイク直しにもこだわって、1日中若々しい肌を保ちましょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る