ほうれい線の消し方として整形はアリ? その詳しい費用や内容とは

Pocket

日本の美容整形の技術は非常に高く、ほうれい線に悩む人にも多く利用されています。しかし、一般的な治療と違って費用が高かったり、なんらかのリスクが伴ったりする場合が多く、受ける側にもそれなりの覚悟が求められるのは覚えておきたいところ。ほうれい線対策としてよく選ばれている整形方法を紹介するので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ヒアルロン酸注射でお肌のリフトアップ

メスを使わず、注射を打つだけでリフトアップ効果が得られる「ヒアルロン酸注射」。非常に高い保湿力を持つ成分をたるみの気になる部分に注入することで、皮膚のハリが蘇り、ほうれい線が目立ちにくくなります。ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在する物質なので、アレルギーが起きる心配もほとんどありません(個人差があります)。

<施術の流れ>
①    カウンセリング。
②    シワの溝に合わせてヒアルロン酸を注入。痛みに弱い場合はクリーム麻酔を使うことも。
③    5~10分ほどで施術終了。ダウンタイムはほとんどないので、すぐにメイクをして帰宅できます。

ヒアルロン酸注射の効き目はおよそ3ヶ月~半年程度。成分が徐々に体内に吸収されてまた元の状態に戻ってしまうので、定期的に施術を受ける必要があります。料金はクリニックによって違いますが、ほうれい線1本あたり10,000~40,000円ぐらいが相場。何度も支払うことになるので、しっかり準備しておきましょう。

糸を使って皮膚を持ち上げるフェザーリフト

「フェザーリフト」は、ポリプロピレンでできた糸を皮膚の下に通すことで頬のたるみを解消させる方法です。メスを使って切開する必要はなく、手術時間も20分ほどで済みます。糸の周囲は引っかかりができやすいようギザギザになっており、皮膚をしっかり固定させてそのまま保持。徐々に糸の周辺にコラーゲン生成が起き始め、内側からハリを持たせてほうれい線を目立たなくします。

<施術の流れ>
①    カウンセリング。
②    麻酔をして皮膚の痛覚を鈍らせてから施術開始。肌の状態を確認しつつ、丁寧に糸を通していきます。
③    ダウンタイムはほとんどないので、すぐにメイクが可能。術後の痛みが気になる時は、痛み止めの薬をもらって帰りましょう。

フェザーリフトはどの医師にかかっても成功するわけではなく、腕の悪い医師に当たれば不自然な引きつりが出たり、きちんとしたリフトアップ効果が得られなかったりする場合があります。50万円ぐらいかかるのが普通の手術なので、料金の安さにつられていい加減なところを選ばないようにしましょう。

おわりに

美容整形によるほうれい線の治療について、いかがでしたか? 代表的なものについて説明しましたが、どちらを選択するにしても事前リサーチは必須。経験と実績がないとなかなか難しい施術なので、口コミなどを参考に評判の良い施設を選びましょう。また、ヒアルロン酸注射は数ヶ月、フェザーリフトは数年しか効果が持続しないので、再手術の費用を準備しておくことも大切です。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る