まぶたのたるみの原因は眼輪筋の衰えや乾燥?対策や化粧品の選び方

Pocket

「なんだか最近、まぶたがたるんできたような気がする……」。早い人では20代から、多くの人が30代で意識しはじめるこの現象は、決して気のせいではありません。
なぜなら、まぶたを支える眼輪筋は、年齢とともに衰えてくるから。
また、稀に「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と呼ばれる病気が原因となっていることもあります。
これらの原因や有効な対策について説明するので、ぜひ参考にしてください。

そもそも、眼輪筋ってどんなもの?

眼輪筋は、目の周りをぐるりとドーナツ状に囲んでいる筋肉で、涙の量をコントロールしたり、まぶたを動かしたりする役目を担っています。
もし、目をぱっちり開けた時におでこに横じわができていたら、それは眼輪筋ではなく、おでこの筋肉(前頭筋)を使って目を動かしている証拠眼輪筋が衰えてしまっているので、注意が必要です。

眼輪筋が衰える原因は?

眼輪筋が衰えてしまう一番の原因は「筋肉を使わないこと」です。
体の他の部分でもそうですが、筋肉は適度に使って鍛えていればその働きを維持できますが、長時間使わない状態が続けば、徐々に衰えて機能を失っていきます。
普段あまり表情が変わらない人ほどこうなりやすいので、意識して動かすようにしてみましょう

また、現代人の眼輪筋がたるんでしまう原因として、最近増えているのが、スマホやパソコンを使った作業です。画面をじっと見つめていると自然とまばたきの回数が減り、眼輪筋を動かさない状態が長く続くので、適度に休憩を入れ、意識してまばたきをするようにしてください。疲労回復のためには、遠くのものを見るようにしたり、目元を温めたりすると効果的です。

そして、年齢を重ねるとともに目の下の脂肪が膨らんでくる「眼窩脂肪(がんかしぼう)の突出」も、よくある原因の一つです。新陳代謝が滞って余分な老廃物が溜まりやすくなることなどによって起こるもので、まぶたのたるみだけでなく、黒くまも目立つタイプの人は、眼窩脂肪によって影ができている可能性があります。

<眼窩脂肪の突出を改善する手術方法>
溜まってしまった眼窩脂肪は、手術によって取り出すことが可能です。クリニックによって多少の違いはありますが、一般的には次のような方法がとられているので、参考にしてください。

▼脱脂術+リポトランスファー
1. 局所麻酔を打つ
2. 高周波レーザーを使い、ごく小さな穴を開ける
3. 眼窩脂肪を取り出す
4. 採取した脂肪を処理し、生着しやすい状態に整える
5. 脂肪の除去によって凹んだ部分に、処理しておいた脂肪を注入する

▼ハムラー法
1. 局所麻酔を打つ
2. 下まぶたのまつ毛の際のあたりを小さく切開する
3. 眼窩脂肪を下のほうへ移動させ、膨らみを解消すると同時に凹んでいた部分を補う
4. 縫合する

眼瞼下垂(がんけんかすい)によるまぶたのたるみ

「眼瞼下垂」とは、上まぶたの開きが悪くなることによって、しっかり目を開けているつもりなのに、黒目が半分ほど隠れてしまっている状態のこと。
目を開けようと頑張り続けることで頭痛や肩こり、眼精疲労が起きるケースも多く、影響が広範囲に及ぶので注意が必要です。

生まれつき筋力が弱いために眼瞼下垂を発症してしまうこともありますが、後天的な理由の場合は、主に次のようなことが原因となっています。

<挙筋腱膜(きょきんけんまく)の伸びや断裂>
挙筋腱膜は、瞼板(けんばん)と連動して、目を開く時に使う「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」の動きをサポートする部分。
目を強くこすったり、ハードコンタクトレンズを長期間使用したりすることによってダメージを受け続けると、挙筋の力がうまく瞼板に伝わりにくくなって眼瞼下垂を発症します。
また、目の周りのケガや手術がきっかけとなることも。

<神経が麻痺する病気の発症>
「動眼神経麻痺(眼球を動かす神経に麻痺が起きること)」や「顔面神経麻痺(顔の片方に異常が生じ、瞼が閉じられなかったり、飲んだ水をこぼしてしまったりする状態のこと)」も、眼瞼下垂の原因になります。

<筋力の低下を伴う病気の発症>
「重症筋無力症(免疫系の機能不全により、筋力の低下や疲労が起こりやすくなる状態のこと)」も、眼瞼下垂の原因の一つ。この病気にかかると極端に疲れやすくなるので、まぶたのたるみに加えて全身の疲労が続く時には、発症を疑ってみてください。

▼眼瞼下垂の治療法(挙筋前転法)
1. 局所麻酔を打つ
2. あらかじめ決めておいたラインに沿って皮膚を切開し、まぶたの際と眼輪筋を切除して瞼板を露出させる
3. 挙筋腱膜を瞼板に固定させる
4. 縫合をする

アイプチによるまぶたのたるみ

一重まぶたを整形なしで二重まぶたにしたい人に人気の「アイプチ」。まぶたに専用ののりを塗ってプッシャーで押し込むだけという手軽さなので、メイク前に毎日使っているという方も多いのではないでしょうか?
しかし、まぶたをこすったり、押したりする動作が負担をかけてしまうので、アイプチを長く使っているとまぶたがたるみやすくなり、かえって憧れのぱっちり二重から遠ざかってしまう可能性があります。眼瞼下垂の原因にもなるので、使い過ぎにはくれぐれも気を付けてください

保湿で解消!まぶたのたるみの原因は肌の乾燥

まぶたは他の部位に比べて皮脂腺が少ない上に、まばたきやアイメイク、コンタクトレンズなどによって刺激をうけやすいので、乾燥によるたるみが出やすい場所です。そのため、洗顔や保湿ケアのやり方には注意が必要。ゴシゴシと力任せに洗ったり、保湿を怠ったりするとますますたるみやすくなるので、丁寧なスキンケアを心がけてください。

<まぶたに優しいクレンジングの選び方>
落としにくいアイメイクは、マスカラやアイシャドウなどのアイテムと同じメーカーのクレンジングを選ぶのがオススメ。自社の製品に対してどれぐらい落ちるかをチェックしながら作られているので、なじみが良くて安心です。

また、こすらなくても落とせることや、肌への刺激が少ないことも重要なポイント。洗浄力の弱すぎるものや、添加物が多いものはできるだけ避けましょう。

<アイメイクの落とし方>
1. コットンにクレンジングをたっぷり含ませ、まぶたの上に置いて10秒間なじませる。
2. メイクが浮いたらそっとなでるように拭き取る。肌にまだメイクが残っている場合は、同じ動作をもう一度繰り返す。落ちないからといって、こするのはやめましょう
3. マスカラは、クレンジングを含ませたコットンで挟んで落とす。さらに、クレンジングを含ませた綿棒で細かい部分を落としていきますが、この時、目の下にコットンを当てておくとメイクが肌に付着するのを防ぐことができます。綿棒は、汚れたらその都度新しいものに取り換えてください。
4. 最後に、クレンジングを含ませた綿棒でアイラインを落として終了。

<正しい洗顔の仕方>
1. 石鹸で手を洗い、汚れや雑菌を落とす。
2. 顔の皮脂は30度で溶け出すので、それより少し高い30~34度のお湯を使ってすすぎ、うるおいを守りながら余分な皮脂を落とす。(乾燥肌の場合は26~28度、オイリー肌の場合は32~36度、混合肌の場合は28~32度を目安にしてください)
3. 洗顔料を十分に泡立て、脂っぽいTゾーン➛Uゾーンの順番に洗う。泡を転がすように、優しく!
4. 乾燥しやすい目元や口元は、泡を乗せるだけで十分なのでこすらない。
5. ぬるま湯で最低でも20回以上すすぐ。洗面器を使う場合は、キレイなお湯に取り替えながら行ってください。
6. 清潔なタオルで上から押さえるようにして、優しく水分を拭き取る。

<保湿の仕方>
まぶたの保湿には、刺激の少ないワセリンや、目元専用の美容液アイクリームがオススメ。顔全体に仕えるものでは刺激が強すぎる場合があるので、できるだけ個別にお手入れするようにしましょう。アイクリームはメイク崩れの原因になるので、朝は軽めのテクスチャー、お休み前はこってりめのテクスチャーと使い分けると安心です。

▼乾燥がひどい場合のコットンパック
まぶたの乾燥が気になる時は、なるべく刺激の少ない化粧水を選び、コットンパックをしてみましょう。やり方は簡単で、化粧水をたっぷり染み込ませたコットンをまぶたの上に置き、そのまましばらく放置するだけ。

ただし、長時間放置しすぎると逆に肌に必要な水分がコットンに奪われてしまうので、10分以内を目安に剥がすようにしましょう。指で軽く化粧水をなじませたら、最後に美容液やアイクリーム、ワセリン等を塗って水分の蒸発を防いでください。

まぶたのたるみを解消させるツボ・エクササイズやマッサージ

<ツボ押しマッサージ>
▼救後(きゅうご)
目尻の斜め下にあるくぼみを「救後」と呼びますが、ここを通過しながら目頭➛目頭へ人差し指で軽くなでるように押していくと、まぶたのたるみに効果があります。全部で5セット行いましょう。

▼魚腰(ぎょよう)
眉毛の真ん中にある「魚腰」も、まぶたのたるみに効果的なツボ。親指の腹を使い、眉を持ち上げるようなイメージで20回ほど押しましょう。

▼瞳子りょう(どうしりょう)
目尻の外側1㎝ぐらいのところにあるくぼみが「瞳子りょう」。人差し指の腹で、軽く押しましょう。

<動画で見る、簡単エクササイズ・マッサージのやり方>
▼丁寧な説明でたるみの原因もよく分かる! 整体師が教えるエクササイズ

整体スクールの講師が細かく丁寧に説明してくれるから、まぶたがたるんでしまう仕組みがよく分かります。また「なぜ、このような動きをするのか」と解説しながらエクササイズのやり方を教えてくれるので、覚えやすいです。

▼まぶたの脂肪を燃焼させるマッサージ

目を大きく開いたり、閉じたりするだけの簡単マッサージ。仕事や家事の合間にも素早くできます。

▼東京セルフエステ協会の代表理事が教えるストレッチ

筋肉を鍛えて、まぶたのたるみを解消させるストレッチ法が学べます。ちょっと変顔になるので、自宅でこっそり試すのがオススメ。

<アイクリームを使ったマッサージ>
目元専用のアイクリームを使うと、滑りが良くなってマッサージがしやすくなります。
また、乾燥を防ぐ効果もあるので、しわの防止にも効果的です。

1. アイクリームを目の周りにぽんぽんと置き、目尻➛目の下➛目頭の順番になじませる。
2. 上まぶたと下まぶたを、それぞれこめかみの方向へ向かって軽くなでるようにマッサージする。これを3回ずつ繰り返す。
3. たるみに効くツボを押していく。(上で紹介したツボの他、眉頭・目頭のすぐ下や下まぶたの真ん中あたりを押さえるのも効果的)
4. 再び2の動作を1回ずつ行い、最後にこめかみの部分を軽く押さえる。

まぶたのむくみも見逃せない!

まぶたに起こりがちなトラブルとして、たるみと並んで多くの人が悩んでいる「むくみ
まぶたが腫れぼったくなるのでせっかくのアイメイクもいまいち映えないし、人から目立つので、1日中憂鬱な気分で過ごさねばなりません。
主な原因には次のようなものがあるので、普段の生活習慣に当てはめて考えてみましょう。

<代謝の異常>
まぶたにむくみが出た時は、代謝機能が低下して体に余分な水分が溜まってしまっている可能性があります。塩分の取り過ぎや、アルコールの飲み過ぎなどによって起こりやすくなるので、食事の内容に気を付けるようにしましょう。

また、まぶたのむくみが続く場合は「急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)」という病気にかかっている可能性もあります。
主な原因は溶連菌の感染による炎症で、咽頭炎や扁桃炎を発症してから約10日の潜伏期間を経て症状が現れ始めるのが特徴。
「たかがむくみ」と軽視せず、症状が長引く時は早めに医療機関を受診しましょう

<不規則な生活>
睡眠不足や栄養バランスの悪い食事、運動不足が続くと、自律神経が乱れて代謝機能に影響が出ます。早寝早起きを心がけてできるだけ薄味の食事をとり、適度に体を動かすようにしましょう。あまり尿が出ない時は、利尿作用のある飲み物(緑茶、コーヒー、紅茶、ココア、ウーロン茶など)も上手に利用してみてくださいね。

まぶたに刺激を与えない丁寧なケアと筋力アップで、気になるたるみを解消させよう!

いかがでしたか? まぶたは乾燥しやすく、筋力も衰えやすい場所なので、たるませないためには日頃からの努力が必要。なるべく刺激の少ない化粧品を選び、たっぷりの水分を与えてハリを保ってあげましょう。簡単なエクササイズやツボ押しで眼輪筋を鍛えるのも効果的。1日数分のトレーニングが数年後、数十年後の差へとつながっていくので、コツコツ頑張りましょう!

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る