ためしてガッテンの動画が見つからない!?テープを使ったほうれい線対策

Pocket

ネットでほうれい線について検索すると「NHKのためしてガッテンでテープを使ったほうれい線対策が紹介されていた」との情報がヒットします。
しかし、いざ動画を探してみるとそれらしいものが見つからない……どうやら、この情報には信憑性がないようなのです。
そこで、代わりになるような動画や情報を探してみました。テープを使う方法は慣れればとても簡単なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

「はるコスメビューティテープ」の紹介動画

「はるコスメビューティテープ」は、美容外科医の協力によって開発されたリフトアップ専用テープです。周囲の皮膚と自然になじんで目立たず、普段通りにメイクもできるので、周りに気付かれる心配が少なく安心して使えます。なんといってもしわを直接引っ張るので即効性は抜群! メイクをしていても剥がれにくいので、仕事を持つ女性にも便利ですよ。

<動画の見られるHPはこちら>
http://cosmetape.com/

筋肉サポートテープを使ったリフトアップの仕方

テープを使ったリフトアップは、専用のものじゃなくてもできます。ここで紹介するのは、筋肉の伸びをコントロールして痛みの緩和や予防に役立つ「筋肉サポートテープ」を使った方法。伸縮性があって貼りやすいので、ほうれい線対策にはぴったりなのです。ドラッグストアで簡単に手に入るところも嬉しいですね。ただし「はるコスメ」のような目立たない工夫はされていないので、あくまでも自宅でのほうれい線ケアとして使ってください。

<筋肉サポートテープを使ったほうれい線の伸ばし方>

1. テープを5,6㎝の長さに切り、伸ばしやすいよう縦に切り込みを入れる。同じものをもう1つ作りましょう。
2. まず、ほうれい線を伸ばすようにしながら口の周りにテープを貼る。次に、1枚目のテープをさらに引っ張るような感じで耳の下あたりにもう1枚を貼り、上から指で押さえてなじませる。あまり引っ張りすぎると反動でたるみができてしまうので注意。
3. このまま数十分放置する。

※筋肉サポートテープがない場合は、医療用のサージカルテープでも同様の効果を得ることができます。

ペットボトルを使ったほうれい線の消し方

肌の弱い人や、しわを直接伸ばすのに抵抗があるという人は、ペットボトルを使ったこんなエクササイズはいかが? やり方は簡単で、ただ口に空のペットボトル(500ml)を加えて持ち上げるだけ。こうすることで口の周りの表情筋が鍛えられ、たるみにくくなるのです。歯を使うと簡単に持ち上がってしまうので、唇の力だけで行うのがコツですよ!

慣れてきたら、今度はペットボトルに少量の水を入れてやってみましょう。水の量は少しずつ増やしていってもかまいませんが、絶対に無理はしないでください。女性なら100CC、男性なら150CCも入っていれば十分です。

また、2ℓのペットボトルを使ったエクササイズもあります。足を肩幅に開いて立ち、同じように唇の力だけでペットボトルを持ち上げましょう。そのままの状態で思いっきり息を吸ってペットボトルをへこませ、10秒間キープしたら息を吐いてへこみを元に戻します。

おわりに

テープやペットボトルを使ったほうれい線の伸ばし方、いかがでしたか? どれもすぐ手に入る道具ばかりなので、興味があればチャレンジしてみてくださいね。ただし、くれぐれもやり過ぎは禁物。テープをぐいぐい引っ張ってもほうれい線がよく伸びるわけではないし、かえって頬がたるむ可能性大。ちょうど良い力で伸ばすよう気を付け、根気よく続けていきましょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る