<女性も男性も!>更年期障害の症状や原因・始まる年齢をチェック!病院や薬・漢方薬の選ぶ方法は?

Pocket

更年期障害とは、更年期と言われる年齢の40代後半から50代にかけて、ホルモンバランスの乱れが原因で起きてしまう身体や心の不調のこと。

女性の症状と思われがちですが、更年期障害は男性も発症してしまいます

めまいやほてり、倦怠感をはじめとした様々な症状が現れ、人によっては日常生活もままならなくなるほど、酷くなる場合もあるのです。
つらい更年期障害の主な原因や、様々な症状。
更年期障害は病院は何科にいけばいいのか薬や漢方薬、サプリの選び方などを詳しくまとめました。

男性の更年期障害についても解説しています。
女性も男性も、一人で悩まずに、ぜひ参考にしてください!

更年期障害はいつから始まる?年齢は?

「更年期障害」というと、40代後半~50歳ぐらいの閉経を迎えた女性がなるイメージをお持ちではないでしょうか。
ですが、更年期障害が始まる年齢には個人差があり、一概に「何歳から始まります」とは言えません

近頃では20代や30代でも更年期障害の症状に悩む人が増えています

これを「若年性更年期障害」と呼びますが、放置すると不妊の原因になったり、症状が悪化したりするので注意が必要。

若年性更年期障害について、詳しくはこちらをご覧ください。

普段と違う心身の不調が現れ、それが長く続くようであれば、一度病院で診察を受けてみたほうが良いでしょう
更年期障害の症状については、下のページをご覧ください。

更年期障害の症状を詳しく解説!

更年期障害を引き起こす主な原因は?

<不規則な生活>
睡眠不足、栄養バランスの悪い食事、運動不足が続くと、ホルモンバランスが崩れます。
できるだけ規則正しい生活を送るようにしてください。
生活リズムの乱れが気になる人は、夜型の生活を朝型に変える努力をしましょう。

<ストレス>
ストレスとは切っても切れない関係の現代人ですが、過度なストレスは自律神経の働きに影響を及ぼします

そして女性ホルモンを分泌する卵巣の機能を低下させることに繋がるのです。

自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。
1日の終わりに瞑想やヨガをしたり、アロマを焚いたりするのも、リラックス効果が高いのでおすすめです。

<無理なダイエット>
過度なダイエットはホルモンバランスを乱す原因になります。
特定のものしか食べない、絶食をする、ハードな運動をしすぎるといった無理な方法は、体に負担が大きいので気を付けてください。

≪女性≫更年期障害の原因をもっと知りたい方はコチラ!

≪男性≫更年期障害の原因をもっと知りたい方はコチラ!

更年期障害を予防、更年期障害にならない対策は?

更年期障害が出にくい人には、次のような共通点があります。

・生活が規則正しい

・よく笑う明るい性格でストレスをためにくい

・こまめに体を動かしている(運動だけじゃなく、仕事や家事もてきぱきこなす)

・楽しみを持っている

・良い人間関係を築く努力をしている

反対に、ちょっとしたことでクヨクヨと思い悩んだり、だらしのない生活をしてしまったりする人は、更年期障害にもなりやすいです。

もともとの性格はなかなか変えられませんが「前向きに生きよう」と意識するだけでも何かが変わってくるはず

詳しくはこちらの記事で解説しています。

毎日の生活で変える!更年期障害の対策と予防法!

閉経が近づくと更年期障害の症状が出やすくなる理由

更年期障害は閉経が近づく40代後半~50代の年齢の女性に多い病気です。

これは女性ホルモンの分泌量が極端に減り、自律神経などの機能がうまく働かなくなるのが原因です。

閉経をすると毎月の面倒な処理をする必要がなくなるので嬉しい面もありますが、その代わりに頭痛やイライラなどの不快症状が起こりやすくなってしまいます。
ホルモンの影響というのは本当に大きいものです。

更年期障害と生理の関係について詳細な記事はコチラ!

更年期に起こる生理の変化や不正出血の原因

生理は卵胞ホルモンである「エストロゲン」と、黄体ホルモンである「プロゲステロン」がバランスよく働くことによって正常にコントロールされています。
しかし、更年期になるとこのバランスに乱れが生じて生理周期が整いにくくなり「生理不順」と呼ばれる、次のような変化が起きてくるのです。

・生理周期が短くなったり、長くなったりする

・何ヶ月も間隔があく

・閉経したと思っていたのに、数ヶ月後に再び生理が来る

気を付けたいのは、この時期の出血が生理によるものなのか、不正出血なのかが分かりにくいことです。
もしこれが病気によるものだとすれば、早く治療に入らないと命にかかわることもあるので、おかしいと感じたら早めに病院へ行くようにしましょう。

生理周期の変化に伴う対策の仕方について詳しく解説しているページがコチラです

更年期に不正出血を引き起こす主な原因

<萎縮性膣炎>
エストロゲンの分泌量が低下することにより、膣粘膜が薄くなって出血しやすくなる疾患
また、これまでエストロゲンが果たしていた膣の自浄作用がうまく働かなくなるため、細菌が増殖して膣炎も起こしやすくなります。

<黄体機能不全>
ホルモンバランスが乱れて高温期が短くなると、通常であればその間に分泌されるはずのプロゲステロンが少なくなります。
この状態を「黄体機能不全」と呼びます。
プロゲステロンには子宮内膜を維持させる役割があるため、量が不足すると剥がれやすくなって出血してしまうのです。

<子宮内膜増殖症>
ホルモンバランスの乱れによってエストロゲンが過剰分泌されると、本来であればスムーズに剥がれ落ちるはずの子宮内膜がそのまま留まって、どんどん増殖してしまいます
これが、更年期に起こりやすい「子宮内膜増殖症」
子宮内膜が積み重なって耐えきれなくなり、やがて破綻出血を引き起こします。

病気を伴う不正出血について詳しく詳しく解説しているページがコチラです

病気ではない場合の対処法とは?

不正出血を病院で診てもらい「病気ではなく、ホルモンバランスの乱れによるもの」と診断された場合は、ホルモン治療を行います。
しかし、それほど強い症状が出ていない場合は、生活習慣の見直しやサプリ、漢方などで対処できる場合も。
ストレスをためないことも大切ですよ!

更年期障害に有効なサプリや漢方薬、市販薬を知りたい

更年期障害の予防や改善には、サプリや漢方薬、市販薬を使う事も有効です。

更年期障害を和らげてくれるサプリ

・大豆イソフラボン
・ローヤルゼリー
・マカ
・エクオール
・高麗人参
・プラセンタ
・カルシウム
・マグネシウム
・ビタミンK
・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンB群
・ベータカロテン
・ブラックコホシュ
・サポニン
・グルコサミン
・EPA・DHA
・ガンマリノレン酸
・亜麻リグナン
・プロアントシアニジン

サプリは食品なので「いきなり薬を試すのはちょっと不安」という人でも取り入れやすいです。
ただ、使用量を守らずに飲みすぎたり複数のサプリを一度に飲んだりすると副作用が出る可能性もあるので、使い方はきちんと守るようにしましょう。

人気のサプリをランキング形式で紹介しているページがコチラです

漢方薬の選び方は?

<女性の場合>
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
・温清飲(うんせいいん)

漢方薬の特徴や副作用について詳しくはコチラ

<男性の場合>
・八味地黄丸(はちみじおうがん)
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・釣藤散(ちょうとうさん)
・六味丸(ろくみがん)
・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
・桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
・清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

漢方薬の特徴や副作用について詳しくはコチラ

漢方は「血・気・水」の流れを整えることで、心や体の根本的な不調に働きかけ、改善を促す薬。
木の実、植物の葉、枝、海藻、動物の皮、アラビアゴムなどの様々な原料を生薬として使っています。

病院でも処方してもらえますが、漢方薬局なら患者の症状、生活習慣、ストレスの有無などを総合的に判断して調剤してくれるので、より高い効果が期待できます。

体質に合ったものを飲むことが副作用回避のためには非常に重要なので、かかりつけの漢方薬局を作っておくと安心ですよ。

どれがいいの?更年期障害の市販薬

更年期障害の予防・改善を目的とする市販薬には、次のようなものがあります。

・命の母A/(株)小林製薬
・ラムールQ/(株)ツムラ
・エベナL/(株)全薬工業

サプリや漢方に比べれば副作用も出やすいですが、その分はっきりとした効き目も期待できるのが市販薬。
「病院に行くほどではないけど、辛い症状が続いている」という場合は、試してみる価値がありそうです。

「命の母A」「ラムールQ」「エベナL」の値段や効能を比較!

若年性更年期障害の主な原因や症状、治療方法は?

若年性更年期障害は、不規則な生活、ストレス、無理なダイエットなどによって、ホルモンバランスが乱れると発症します。
また、喫煙や過度の飲酒、激しすぎる運動が引き金になることも

若年性更年期障害になりやすい性格としては、まじめで責任感が強く、問題を自分1人で抱え込む人が多いと言われています。

責任をきちんと果たすことは大切ですが、ギリギリまで自分を追い込まないよう、周りの人にも協力をお願いできるようになると良いですね。

若年性更年期障害の原因を詳しく解説

若年性更年期障害の主な症状

<女性の場合>
・ホットフラッシュ(手足は冷えるのに首から上だけがほてる。顔の汗が止まらなくなる)
・生理不順
・疲労感
・倦怠感
・気分の落ち込み
・イライラ
・集中力の低下
・めまい、ふらつき、耳鳴り
・頭痛、肩こり
・食欲不振
・不眠
・動悸、息切れ
・便秘
・頻尿や失禁

<男性の場合>
・ED(勃起不全)
・性欲の低下
・頻尿
・疲労感
・イライラ
・集中力の低下
・うつ症状
・無気力
・発汗
・頭重
・不眠

もっと知りたい!若年性更年期障害の検査や診断方法について

若年性更年期障害の治療法とは?

「もしかして若年性更年期障害かな?」と思ったら、まずは病院で検査を受けてみましょう。

不調の原因はなにか別の病気かもしれないので、自己判断で放置したり、我慢しすぎたりするのは危険です。

検査の結果、若年性更年期障害であると診断された場合は、ホルモン剤やピルによる「ホルモン補充療法」を中心に治療を進めていきます
他には、漢方薬、サプリを使ってホルモンバランスを整えたり、生活習慣についての指導が行われたりすることが多いです。

若年性更年期障害の治療法について詳しく解説

若年性更年期障害の上手な乗り越え方

更年期障害に苦しむ人は、職場や家庭で「なまけている」と誤解されることが少なくありません。
ましてや、まだ年齢の若い20代~30代の人であれば、余計に理解されにくく、周囲からの風当たりもきつくなりがちなのではないでしょうか。

きちんと説明をするためにも、まずは病院に行って診断をしてもらいましょう

医師の言うことであれば、周りの人も耳を傾けてくれるはずです。
ただし、病気だからといって甘えすぎるのはNG!

自分にできることではきちんと責任を果たしつつ、どうしても無理な時だけ休ませてほしいという姿勢をとるのが、理解を得るためには大切なことです。
また、イライラが止まらず周囲に当たりたくなってしまった時は、席を外して1人になり、深呼吸をするなどの工夫をしてみましょう。

更年期障害の症状一覧(男女共通)

・頭痛
・頭重
・肩こり、腰痛
・手足のしびれ
・イライラ
・発汗
・太る
・ホットフラッシュ
・めまい、立ちくらみ、耳鳴り
・睡眠障害
・頻尿、尿漏れ
・疲労感、倦怠感
・不安
・抑うつ
・神経質
・集中力の低下
・記憶力の低下
・気力の低下
・筋力低下
・関節痛、筋肉痛
・動悸、息切れ、頻脈
・食欲不振、やせる
・吐き気、嘔吐
・喉や口の乾き
・むくみ
・体の冷え
・抜け毛、薄毛
・高血圧
・肌の乾燥、肌荒れ、かゆみ
・蕁麻疹
・性欲の低下

更年期障害の症状(女性特有のもの)
・生理不順
・不正出血
・胸の痛み、張り
・性交痛

更年期障害の症状(男性特有のもの)
・ED(勃起不全)
・早朝勃起しない

更年期障害の症状について特徴や対処法を詳しく!

更年期障害の症状を軽くするための対処法

更年期障害の主な原因はホルモンバランスの乱れなので、病院でホルモン補充療法や漢方薬などの治療を受ければ、症状はかなり楽になります。
20代~30代の若年性更年期障害の場合は、ピルを使ってエストロゲンを補充する方法もありますね。

「病院で治療を受けるほどじゃない」という場合は、市販の更年期障害治療薬やサプリで調子を整える方法もあります。
しかし、いずれの方法をとるにしろ、最も重要なのは、更年期障害になりにくい環境を整えるということ

つまり、毎日の生活スタイルやストレスの発散の仕方などを見直すことが大切なのです。

<生活習慣>
睡眠不足、栄養バランスの悪い食事、運動不足……これらの良くない生活習慣が癖になっていませんか?
ホルモンバランスを整えるには、毎日しっかりと栄養を取り、適度に運動もして、夜はぐっすり眠るという「人間として当たり前の生活」を送ることが大切です。
とはいえ、どれも現代人にとってはちょっと難しいことなので、自分にできそうなことから少しずつ始めてみましょう。

<ストレス>
更年期障害が重くなりやすい人には、考え方がネガティブで、ストレスをためこみやすいという特徴があります。

もともとの性格や生活環境も影響しているとは思いますが、どうせ生きるなら暗い顔をしているよりも、明るく笑っているほうが絶対に得!
笑顔は周りの人も幸せにするので、無理にでも笑っていると人間関係が良くなり、少しずつ運気も上昇していきます。

また、笑うと「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されやすくなるし、血行も良くなるので、心身ともに健康に過ごせる確率がぐんとアップしますよ!

男女共通の更年期障害チェックリスト

以下の項目に複数当てはまる場合は、更年期障害が始まった可能性があります。

1. 突然顔や上半身がほてり、暑くもないのに汗が止まらなくなる(ホットフラッシュ)
2. 以前と比べて汗をかきやすくなった
3. 腰や手足が冷える
4. 些細なことでイライラしたり、細かいことが気になったりする
5. 夜になってもよく眠れず、すぐに目が覚めてしまう
6. 昼間なのに眠くて仕方のない時がある
7. 運動をしたわけでもないのに動悸や息切れをする
8. 理由もなく不安になったり、落ち込んでしまったりすることがある
9. 仕事や家事などのやる気が出ない
10. 集中力が低下し、ケアレスミスを繰り返す
11. 頭痛がする
12. 頭が重い感じがする
13. 肩こり、腰痛がある
14. 関節痛、筋肉痛がある
15. めまい、立ちくらみ、耳鳴りを感じることがある
16. すぐに疲れてしまう
17. 筋力が低下した
18. 骨量が低下した
19. 視力が低下した
20. 血圧が上がった
21. 体が重くてだるい
22. 食欲が減退し、吐き気を感じることがある
23. トイレが近くなり、驚いた拍子などに尿漏れしてしまうことがある
24. 排尿痛がある
25. 皮膚が乾燥したり、かゆみや蕁麻疹が出たりする
26. 便秘や下痢をすることが増えた
27. 性欲が湧かない

女性特有の症状のチェックリスト

1. 生理周期が定まらず、通常より早くなったり遅くなったりする
2. 経血の量に変化がみられる
3. 不正出血がある
4. セックスの際、性器に痛みを感じる

更年期障害に早く気付くためにはどうしたらいいの?

男性特有の症状のチェックリスト

1. セックスの際、勃起しにくくなったり、途中で萎えてしまったりする
2. 早朝勃起が起きなくなってきた
3. 髭の伸びるスピードが遅くなった

なるべく規則正しい生活を送り、ストレスがたまらないようにして、ホルモンバランスの安定に努めましょう。
症状が長引いたり、悪化したりする場合は、我慢せず病院で治療を受けることも大切です。

また、これらの症状には別の病気が隠れている可能性もあるので、おかしいと感じたら早めに詳しい検査を受けるようにしましょう。

病院で問診を受ける際によく聞かれることって?

更年期障害で病院に行くなら何科?検査方法や治療方法は?

<女性>
・婦人科

・更年期専門外来

・心療内科、精神科、カウンセリング

更年期障害は心や体の状態を総合的に判断していくことが重要なので、自分の体についてよく知ってくれているかかりつけ医がベストです。

40歳を過ぎると婦人科系の病気もなにかと増えてくるので、特にかかりつけのない人は、この機会に信頼できる医師を見つけておくと良いですね。
また、近頃では更年期障害を専門に治療する診療科を設ける病院が増えているので、そうしたところを受診するのも良いでしょう。

精神的な症状が重い場合は、心の問題を専門に扱う施設で診てもらう必要も出てきます。
身体的なものと違い、精神的な症状についてはギリギリまで我慢してしまう人が多いのですが、無理をすると悪化するケースも多いので気を付けてください。
心療内科や精神科はどこも非常に混んでいるので、病院を決めたら早めに予約をしておくことをおすすめします。

何科?女性が更年期障害の治療を受けられる診療科目

更年期障害の精神的な症状を相談したい場合は?

<男性>


・泌尿器科

・更年期専門外来

・心療内科、精神科、カウンセリング

男性の場合は性器にはっきりとした症状があらわれるケースが多いので、まずは泌尿器科を受診すると良いでしょう。
また、女性と同じく、精神的な症状がひどい場合は施設で適切な治療を受けることも大切になってきます。

男性の更年期障害は認知され始めてまだ日が浅いのですが、近頃では更年期障害専門外来を設ける病院も増えてきました

仕事が忙しい時期と重なってなかなか通院する気にならないかもしれませんが、悪化すると大変なので、できるだけ時間を作って診てもらってください。

更年期障害の病院での検査方法

<女性>
① 問診
② 血液検査(エストロゲンの主成分であるエストラジオール値の測定)
③ 必要に応じて、内診、超音波検査、細胞検査、乳房検査、骨粗しょう症検査

女性の更年期障害の検査内容について詳しく解説しているページはコチラです

<男性>
① 問診
② 血液検査(テストステロン値の測定)
③ 必要に応じて、前立腺がん検査

男性の更年期障害の検査内容について詳しく解説しているページはコチラです

更年期障害の治療方法

<ホルモン補充療法>
注射、パッチ薬、塗り薬、内服薬などの方法を用いて、不足している女性ホルモンや男性ホルモンを体内に補給する方法(男性の場合は注射が主)です。
若年性更年期障害の場合はピルが使われることもありますが、35歳を過ぎると副作用のリスクが高まるため、一般的な更年期障害の治療では基本的に使用しません。

<漢方薬>
体質に合った漢方で「血・気・水」の流れを改善し、根本的な不調の原因を取り除いていく方法です。

<プラセンタ療法>
注射やサプリを使ってプラセンタを補給し、成長因子などの働きで体の機能改善を図る方法です。

<サプリ>
ホルモンバランスを整える効果のある栄養素を補給し、更年期障害の症状を緩和させていく方法です。

更年期障害の治療方法について詳しく解説しているページはコチラです

なかなか聞けない!更年期障害とセックス・妊娠

更年期障害に悩む40代、50代となると、パートナーとのセックスの機会も減ってしまう方も多いのではないでしょうか。
ですが充実したセックスはストレス解消や血行促進に役立つため、更年期だからといって避けてしまうのはもったいないです。

仕事などで忙しい事もセックスレスの理由に上がるかもしれませんが、痛みを伴うなど体の変化が理由の場合はどのように対応するべきなのでしょうか。
また、更年期障害を発症している場合、妊娠する可能性はあるのでしょうか。

詳しい更年期のセックス・妊娠の悩みについてはこちらで説明しています。

更年期に太りやすくなる理由とダイエット方法

更年期障害を発症する年齢になると、それまでと食べる量は増えていないにも関わらず、なぜか太りやすくなってしまいます。

これは、エストロゲンやテストステロンの分泌量が減り、それに伴って筋肉量や基礎代謝の低下、血流の悪化、満腹中枢(レプチン)の減少が起きるから。

体質そのものが、脂肪や余分な水分をため込みやすいものに変わってしまうのです。

また、更年期は体力が続かずすぐに疲れてしまったり、体調の悪い日が多くなったりするので、運動がしにくいのも原因の1つ。
まずは更年期障害の治療で体調を整え、無理のない範囲で少しずつ体を動かすようにしましょう。

更年期に太りやすい理由について詳しく解説しているページはコチラです

更年期世代に適したダイエット方法

更年期太りを解消するには運動が有効ですが、あまりハードなものは向いていません
特に女性はエストロゲンが減ることで骨ももろくなるので、思わぬケガを防ぐためにもゆっくり体を動かすことが大切です。

<有酸素運動>


「有酸素運動」は、深い呼吸をしながら体を動かすことで体内に新鮮な酸素をたっぷりと取り込み、脂肪を燃焼させる運動です。

ウォーキング、エアロバイク、サイクリングといった、更年期世代でも始めやすく、続けやすいメニューが揃っているので、自分の好きなものを選んで始めてみましょう。

運動する時間は、1日30分程度で十分。
一気にたくさん運動するよりも、毎日少しずつ続けていくことが大切です。

有酸素運動の内容やポイントについて詳しく!

<漢方薬>
漢方薬には「血・気・水」の流れを整える効果があるので、脂肪や水分をため込んで太ってしまった人のダイエットにも有効です。

漢方を選ぶ際は、自分の体の状態をよく把握し、体質や症状に合ったものを見つけることが重要で、これを守らないと重い副作用が出ることもあるので注意してください。

市販の漢方薬を購入することもできますが、できれば病院や漢方薬局で診察とアドバイスを受けることをおすすめします。

おすすめの漢方薬や効果効能を知りたい!

<サプリ>
サプリには、脂肪の燃焼を助ける、腸内環境を改善する、糖や脂肪の吸収を抑えるなどの働きを持つものがあります。

医薬品ではなく食品なので、アレルギー物質に気を付けて用法と用量を守れば、副作用が出にくいところも便利。
運動や食事と上手に組み合わせ、少しずつ痩せやすい体質に変えていきましょう。

おすすめのサプリや効果は?

男性にもある更年期障害!症状や対策は?

更年期障害は女性だけでなく、男性も発症することがあります。

ですがまだまだ認知度は低く、体調が悪くとも更年期障害ではなく、ただの体調不良と思いこんでしまう人が多いのが現状です。

男性の更年期は、早ければ40代から始まります

また、更年期障害の症状が比較的軽ければ、生活習慣に気を付けたり、ストレスをためないようにしたりすることで、ある程度対処できます。

男性の更年期障害の治療方法や、症状についてこちらで詳しく説明しています。

もしかして……と思ったならば、適切な治療を受けるようにしましょう。

更年期障害は男女誰にでも起きる!早めの対策で乗り切ろう

更年期障害について、いかがでしたでしょうか。
更年期障害はその年齢を迎えれば、男性女性問わず症状に悩まされてしまいます

もし、まだ更年期障害の症状が出ていないのならば、今から生活習慣を整えておきましょう。

今更年期障害で悩んでいるのでしたら、病院や漢方薬などを頼り、症状を軽くしていきましょう。
辛い症状はずっと続くわけではありません。

抱え込まず、ストレスを発散させながら更年期障害を乗り切っていきましょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る