あなたの目の下のくまは青くま?茶くま?黒くま?それぞれの原因と解消法

Pocket

顔を疲れたように見せたり、なんとなく不健康そうなイメージにしてしまったりする、目の下のくま。朝起きて発見すると、一気にテンションが下がってしまいますよね。くまといっても実はいろいろな種類があり、できてしまう原因や対処法もそれぞれ異なります。主な特徴を挙げてみたので、自分がどれに当てはまるのかを考えてみましょう。まずは原因を知ることが解決への近道です。

青くまの原因と対処法

「青くま」は、目の下全体に青黒く広がるタイプのくま。これは血行不良で酸素が足りなくなった血液が黒っぽくなり、それが透けて見えているもので、その日の体調によって色の濃さが変化するのが特徴です。

<青くまができやすい人の生活習慣や体質>
・睡眠不足
・ストレス
・眼精疲労
・慢性的な体の疲労
・運動不足
・喫煙
・栄養バランスの良くない食事
・冷え性

<青くまの対処法>
仕事でよくパソコンを使う人や、スマホを操作することが多い人は、目が疲れてどうしても青くまができやすくなります。少なくとも1時間に1度は休憩をとり、眼精疲労がひどい時は蒸しタオルで温めるなどのケアをしましょう。

また、不規則な生活や喫煙の習慣も血行不良の原因になるので、早寝早起き、栄養バランスのとれた食事、適度な運動を心がけることが大切です。入浴の際はできるだけ浴槽のお湯に浸かり、体を芯から温めるようにしましょう

<血行を促すツボ押し>
このタイプのくまには、ツボ押しも効果的です。次にご紹介する部分を、気持ちが良いと感じる程度の強さで3秒ずつ押してみましょう。

「四白(しはく)」

55185420f52fd97b2ab38a6e7c457a62[1]

出典:http://beautiful-eye.com/wp/?p=783

「晴明(せいめい)」

seimei[1]

出典:http://me-kaiteki.com/recovery-method/visual-training/acupressure/seimei.html

「太陽(たいよう)」

tubo_eye3[1]

出典:http://pure-la.net/jamu/skincarejamu/eye-tubo.htm

茶くまの原因と対処法

「茶くま」は、色素沈着によってできるタイプのくまです。紫外線によるダメージはもちろん、メイクやクレンジングで目の周りをこすることも原因となります。また、アレルギー体質や乾燥肌で皮膚が荒れやすい人も、茶くまができやすいでしょう。

茶くまが青くまと違うところは、体調に関係なく常に目立っていること。一度できてしまった色素沈着は、積極的にターンオーバーを促して解消するしかありません。日焼け止めによる紫外線対策を続けつつ、美白作用のあるコスメでメラニンの排出に努めましょう。

そして、最も重要なのは、やはり生活習慣を整えることです。生活が乱れているとホルモンバランスが崩れ、これがターンオーバーのサイクルを狂わせることにつながるので、生活が乱れている自覚のある人はできることから改めるようにしましょう。

黒くまの原因と対処法

黒くまは、青くまや茶くまに比べて、最も厄介なタイプのくまです。なぜなら、その原因が目の下のたるみやしわなどによってできる影であり、改善が難しいから。ちなみに、中年以降の人に多いので「加齢型のくま」とも呼ばれています。

目の下は他の部分に比べて皮膚が薄く、もともとたるみやすい部位です。おまけに、目をこすったり、メイクやクレンジングを繰り返したりといった刺激を受けやすいので、どうしても年齢を重ねるごとに皮膚が垂れ下がってきてしまうのですね。

これを改善するのは決して簡単ではありませんが、アンチエイジング対策をすることである程度くまを薄くすることは可能です。効果的なのは「表情筋を鍛えるエクササイズ」「コラーゲンの生成」「むくみ解消のマッサージ」など。詳しいやり方は、次の通りです。

<表情筋を鍛えるエクササイズ>
人間の顔にある表情筋は、あまり使われることがないとだんだん衰えていきます。日本人にはポーカーフェイスを美徳とする風潮があるので、表情が豊かな欧米人に比べると表情筋が衰えやすいのです。

目の下のたるみを解消するのに効果的なのは、目のまわりをぐるりと囲む眼輪筋のエクササイズ。動画をご紹介するので、ぜひトライしてみてください。

「目のたるみに効果的 眼輪筋トレーニング」

<コラーゲンの生成>
若いころはしっかり分泌されていた女性ホルモンも、20~30代前半をピークに減少し始めます。女性ホルモンにはコラーゲンの生成を促す力があるので、30代後半に差し掛かるとどうしても肌が乾燥しやすくなるのです。

肌内部の水分が不足すると、皮膚がしぼんだような状態になり、ピンとしたハリや弾力が失われてしまいます。この状態を放置すれば目の下がたるむのも当たり前。コラーゲン生成に作用する「ビタミンC誘導体」を配合した化粧品を使ったり、ホルモンバランスを整える工夫をしたりして、ふっくらとした肌を取り戻しましょう。

ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を送ること、ストレスをためないようにすることが大切。また、プラセンタやマカ、ブラックコホシュなどのサプリも女性ホルモンを安定化させることに役立ちます。

<むくみ解消のマッサージ>
目の下のむくみをとるには、リンパマッサージが効果的です。ただし、デリケートな部位なので力の入れ過ぎには要注意! かえってダメージを与えてしまうので気を付けてください。こちらも、参考動画をご紹介しておきます。マッサージの前に少量のクリームを塗るようにすると、多少は摩擦を緩和できますよ。

「目の下のクマを消す 簡単リンパマッサージ」

目の下にできるくまは体からのSOS!規則正しい生活で体調を整えよう

目の下のくまの原因や解消法について、いかがでしたか? どのタイプのくまにも共通しているのは「ホルモンバランスの乱れ」不規則な生活やストレスは体調を悪くしたり、肥満につながったりするだけでなく、美容の面でもダメージが大きいので、できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。また、眼精疲労や目のこすりすぎ、日焼けにも十分に注意してください。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る