【動画有り】舌回しで頑固なほうれい線が消える! おすすめ体操3つ

Pocket

口の周りにくっきりとできるほうれい線は老け顔の元。どんな美人もプラス5歳には見えてしまうので、せっかくの美貌が台無しです。
でも、一度できてしまったほうれい線ってなかなか消えてくれないのですよね。だけど、心配はご無用。そんな悩みから救ってくれる画期的なエクササイズがあるのです!

その名も「ベロ回し体操」。思い立ったらいつでもどこでもすぐできる簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

基本のベロ回し体操

1. 軽く口を閉じ、歯の上をなぞるように舌を回す。焦らずゆっくりと、同じ方向に向かって20回行いましょう。
2. 逆回りも同じように20回舌を回す。
※左右それぞれ3回ずつ行ってください。

このエクササイズを毎日続けていると、血行が良くなり、筋肉が鍛えられてだんだんほうれい線が薄くなってきます。おまけに、唾液の分泌を促して口臭や虫歯を予防したり、顎舌骨筋(がくぜつこつきん)を鍛えて二重あごを解消したりする効果も期待できるので、お口周りの悩みが一気に解決。新陳代謝が促されるので、しみも薄くなりますよ。

ベロ回し体操・応用編

「基本のベロ回し体操」はとても簡単なエクササイズですが、慣れるまでは意外と疲れるもの。顎や頭が痛くなってしまうこともあるので、無理せず少しずつ回数を増やしていきましょう。

合計120回のベロ回し体操ができるようになったら、次は応用編にもトライ! 舌と一緒に目も動かすので、眼輪筋(がんりんきん)が鍛えられて目がぱっちり大きく見えるようになりますよ。

やり方も非常に簡単で、舌を回す方向に合わせて同じように目をぐるりと回すだけ。疲れ目の解消にも役立つので、スマホやパソコン、読書の後にもぜひやってみてください。

宝田式スイングエクササイズ

お口の専門家である歯科医師・宝田恭子先生が考え出したエクササイズです。舌の筋肉と連動している首の筋肉を同時に鍛えることで、すっきりとしたフェイスラインを作り出してくれます。

1. 両手をクロスさせて肩のすぐ下あたりを押さえ、顎が極端に上を向かないようしっかり体を支える。
2. 首の筋肉がすーっと伸びていることを意識しながら顔を上へ向け、まっすぐに舌を突き出す。
3. 両側の口角をなめるような感覚で、舌を左右に動かす。この時、目も同じ方向に動かすようにしましょう。
4. 往復で4回(合計8回)動かしたら舌を元に戻し、顔と両手も自然に下ろす。
※1~4を1セットとし、3回行ってください。

このエクササイズも、慣れないうちは首に痛みが出やすくなります。その場合は無理に続けようとせず、首筋を指でなでてクールダウンさせながら行ってくださいね。

おわりに

ほうれい線を消すための舌を使ったエクササイズ、いかがでしたか? 筋肉が衰えているとやりにくいですが、だんだん楽にできるようになるので根気よく続けてみましょう。舌と一緒に目も動かすようにすれば、憧れのぱっちり目を手に入れるのも夢ではありませんよ! 専門家が考案した「スイングエクササイズ」にも、ぜひ挑戦してみてくださいね。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る