首にしわができてしまう原因とは?有効な対策を知り、予防と改善に努めよう!

Pocket

首の周りに表れる年輪のようなしわは、女性をぐっと老けさせてしまいます。
顔のようにメイクでごまかせないのでどうしようもなく、テレビに映る芸能人にも目立ってしまっている人が多いですよね。
首のしわを作らせないためには、早めの対処が必要。
できたばかりなら薄くすることは十分に可能なので、まずは原因を知り、有効な対策を立てていきましょう。

首にしわができてしまう主な原因と対処法

<肌の乾燥>
肌は乾燥によってハリや弾力を失うので、これに伴って皮膚がたるみ、しわができやすくなります。
お肌のお手入れをする時は、顔だけじゃなく、首のほうにも化粧水や乳液をつけて乾燥を防止しましょう。
デコルテラインまでしっかり伸ばしておくと、年齢を感じさせない、しっとりとした素肌を維持しやすくなりますよ。

首のしわを目立たなくする、保湿効果抜群のクリームでケア
肌の水分量が十分に足りていれば、お風呂上りや朝のスキンケアで化粧水や乳液を軽くすりこむ程度で良いですが、乾燥が気になる時には不十分。
こっくりとしたクリームを使い、うるおい成分をしっかり閉じ込めてあげましょう。
▼なぜ、クリームが良いの?
保湿成分やその他の美容成分には油溶性のものが多く、水分が多い化粧水や乳液にはあまり多く配合することができません。
その点、クリームはこれらの成分と相性が良いので十分な量を贅沢に配合することができ、高い美容効果を発揮することが可能なのです。
その分値段は高くなりますが、毎日のお手入れにクリームを使うのと使わないのとでは数年後のお肌に大きな差がつきます。
定期コースを使えばお得になるものもあるので、無理なく購入できるものを選んでコツコツ続けてみましょう。
▼どんな種類のクリームを使うべき?
基本的には顔と同じもので良いですが、首回り専用に作られた「ネッククリーム」や「デコルテクリーム」を使うとより良い効果が期待できます。
なぜなら、専用のクリームは首回りやデコルテに必要な成分や配合量を計算して作っているから。
毎日使うことで年齢の出やすい部分をしっかりケアしてくれるので、襟ぐりの開いた服も堂々と着られるようになります。
しわ以外に、ザラつきやポツポツも気になるという場合は、ヨクイニンやあんずエキス、ドクダミエキスなどの角質ケア成分が配合されたものを使うと良いですよ。
▼クリームの上手な使い方
クリームははじめに手のひらの温度で温め、それから首筋~デコルテ全体につけていきます。
首のしわを引っ張るように意識しながら下から上へ向かってすり込み、次に鎖骨に沿って内から外へと指を動かしましょう。
最後にハンドプレスでクリームをじっくり浸透させれば、しわを目立たなくするためのお手入れは完了です。

<枕の高さ>
高すぎる枕を使っていると常に顎を引いた状態になり、首に不自然なしわができてそれが定着してしまいます。
理想の枕の高さとは、頭を乗せた状態で顔の表面の角度が5度に保たれること。
人間の首の骨はまっすぐではなく、S字に曲がっているのが自然な状態なので、それを維持できる高さがちょうど良いということになります。

ちなみに、まだ若いのに首のしわで悩んでいる人は、この枕の高さが原因になっているケースが少なくありません。
また、長時間スマホを使い続けるのも同じように首にしわが寄る原因となるので、姿勢に気を付け、首のS字カーブを保つようにしましょう。

<紫外線>
紫外線はコラーゲンやエラスチンを作り出す繊維芽細胞にダメージを与えるので、十分なUV対策をしないと首にしわができやすくなります。
紫外線は季節や天気に関係なく1年中降り注いでいるので、毎日日焼け止めを塗るようにしましょう。
汗をかいたらこまめに塗り直し、日射しが強い時は日傘やネックカバーなどもプラスしてあげてください。

レーザーを使った首のしわの解消法

一度できてしまった首のしわは、毎日のお手入れを頑張っても、なかなか薄くすることができません。
どうしても気になるという場合は、レーザーの力を借りるのも一つの方法。
首のしわに効果が期待できる種類のものを紹介します。

<ウルセラ>
「ウルセラ」は、皮膚の深いところにある表在性筋膜(SMAS。皮膚を支える土台となるもの)にまでレーザー光を届け、リフトアップさせることのできる器械。
真皮層と土台を一気に持ち上げることができるので、たるみによるしわの改善に大きな効果が期待できます。

ウルセラを照射した肌内部では、熱によるダメージを修復させるためのスイッチが入り、コラーゲンの増殖が促されます。
そのため、徐々に真皮層の水分量が増えて肌にハリと弾力が蘇り、しわを目立たなくしていくのです。

そして、効果がすぐに出るのもうれしいところ。
その後、3ヶ月ほどの時間をかけて徐々にコラーゲンの量を増やしていき、ピークを迎えた後、半年~1年かけて元の状態に戻るという経過をたどります。
(料金の相場:120,000~200,000円程度)

<ヤグレーザーピーリング>
「ヤグレーザーピーリング」は、皮膚の表面をピーリングして古い角質を落としながら、皮膚の深いところまで作用してコラーゲンの増殖を促す効果のある器械です。
ターンオーバーが正常化するので肌の質が良くなり、首の下のしわも徐々に目立たなくなっていきます。

ヤグレーザーピーリングは肌への負担が少ないため、施術によるトラブルが起きにくいのも魅力。
痛みも比較的少ないですが、輪ゴムではじかれたような感覚があるため、人によっては麻酔をすることもあります。
(料金の相場:20,000~40,000円程度)

<フラクショナルco2レーザー>
「フラクショナルco2レーザー」は、皮膚の表面に無数の小さな穴を開け、それを修復しようとする肌本来の力を利用する治療法。
皮膚表面に開いた穴は真皮層にまで及び、コラーゲンの生成を促して肌のハリと弾力を取り戻します。

この治療を受けた場合、1度の施術で約10~15%の肌が再生すると言われており、全部で5~10回受けて終了となるケースが多いです。
痛みが比較的少なく、ダウンタイムも短いので、ストレスなく続けられるのがうれしいですね。

クリニックによってはグロースファクター(成長因子)を同時に肌の奥へ送り込む治療も行っており、穴が閉じる前に皮膚再生効果のある成分を吸収させることで、より高い若返り効果を実現させています。
(料金の相場:15,000~20,000円程度)

皮膚科で首のしわをとるには、レーザー以外にどんな方法がある?

<ボトックス>
ボトックスは、ボツリヌス菌を含む薬剤を注射して筋肉の働きを緩め、しわを目立たなくする治療法です。
痛みが少なく、治療も短時間で終了しますが、ボトックスは筋肉に関わるしわにしか効果がないので、それ以外の原因によるもの(主に横じわ)には変化が期待できないことも……。
事前カウンセリングで自分のしわの状態をよく見てもらい、治療を受けるかどうかを決めましょう。
▼治療にかかる時間/麻酔を含めて10~20分程度
▼効果の持続期間/3~4ヶ月
▼料金/15,000~50,000円程度

<PRP皮膚再生療法>
自分の体から採取した成長因子を含む血小板を注入し、皮膚細胞の再生を促してしわやたるみを取り除く治療法です。
自分の血液を使うのでアレルギー反応が起きる心配がなく、自然な仕上がりになるところが魅力。
ただし、ダウンタイムは短いですが、内出血や腫れが出ることもあります。
▼治療にかかる時間/採血を含めて1時間程度
▼効果の持続期間/2~3ヶ月
▼料金/150,000~250,000円程度

<ヒアルロン酸注入>
ヒアルロン酸は人間の体内にもともと備わっている物質で、わずか1gで6ℓもの水分を保持する力を持っています。
これを首に注入すると、内側から凹んだ部分が盛り上がるので、しわやたるみが目立ちにくいハリのある肌に。
ダウンタイムはほとんどなく、施術後すぐに効果を実感することが可能です(小さな腫れや内出血が起きることもあります)。
▼治療にかかる時間/麻酔を含めて20分程度
▼効果の持続期間/半年~1年
▼料金/40,000~60,000円程度

できればあまりお金や手間はかけたくないという人に「首のしわをとるエクササイズやマッサージ」

クリニックでのレーザー治療は効果が高いですが、その分、コストもかかるというデメリットがあります。
1回数万円の治療を何回も受ける必要があるので、誰もが利用できるとは限りませんよね。
それに、クリニックまで通わなければならないので、遠方に住んでいる場合は大変です。

そこで試してみてほしいのが、自宅でできるエクササイズ。
レーザーのような即効性はありませんが、毎日コツコツと続けることで血液やリンパの流れが良くなり、徐々に首のしわが目立たなくなっていきます。
簡単にできるものをご紹介するので、ぜひトライしてみてください。

<あかんべーのポーズ>
1. 背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、足を肩幅に開く。
2. 正面を向いたまま、舌をピンと前へ突き出す。そのまま10秒間キープ。
3. 舌を突き出したまま今度は右側へ移動し、また10秒間キープする。
4. さらに逆の方向へ舌を移動し、10秒間キープして舌を口の中に収める。
5. これを1日に3セット行う。

<首振りエクササイズ>
1. 背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、足を肩幅に開く。
2. あごを少し引いた状態で正面を見つめ、そのまま首を右側へ倒していく。呼吸しながらゆっくりと。5秒間キープする。
3. ゆっくりと元の位置へ戻し、今度は反対側へ首を倒していく。そのまま5秒間キープ。
4. これを1日に5セット行う。

<ゴッドハンド・森本チヅ子が教える、筋肉を鍛えるエクササイズ>
https://www.youtube.com/watch?v=D4zT7eA4WKY

準備運動や、鍛えるべき筋肉の場所についても分かりやすく説明してくれるので、エクササイズに慣れていない人でも挑戦しやすい内容です。
一通り実践した後は、肩のコリもなくなってスッキリ!

<首のしわをなくす♡簡単マッサージ>

たった数分でできる簡単マッサージで、気になる首のしわを目立たなくしていきます。
耳→鎖骨→脇へと向かって刺激し、リンパの流れを整えましょう。

<田中愛の2分でできる簡単首シワ解消方法>

美容家の田中愛さんが教える、首のしわ解消のリンパマッサージ。
1日2分の簡単ケアですが、小顔効果や美しい鎖骨を作る効果も期待できます。

<自分で出来る! 首のシワを消すストレッチとマッサージ 前編>

ストップエイジングの専門家、出口アヤさんが教えるストレッチとマッサージの動画。
首にシワができる原因として「乾燥」「枕が合わない」「首の筋肉の衰え」を挙げ、ちょっとユニークな解消方法を分かりやすく説明してくれます。
ストレッチやマッサージを安全に行うためのポイントも分かるので、初めてトライする人にもおすすめ!
※後編はこちら

<首のマッサージ方法>

世界の指圧師・KENさんが教える、首の筋肉のほぐし方動画。
細かい指の使い方や押すべきポイントなどを分かりやすく説明してくれるので、一度覚えてしまえば一生使えるスキルになります。
ただ、どちらかといえば自分でするよりも誰かにマッサージしてあげる時のやり方なので、家族や友人と一緒に覚えて、お互いにマッサージするのがおすすめです。

<私のエイジングケア☆首のしわ>

30代のコスメおたく・naoさんが教える、首のしわを目立たなくするストレッチ。
朝と夜、1日2回の簡単ケアなので、洗顔やお風呂などのついでにやってみましょう。
近頃では長時間下を向いてスマホを使うのが首のしわの原因になっている人が多いので、普段の生活の中で意識して上を向いてみるのも効果的だそうですよ。

<二重アゴ・たるみ・首のシワに効く、「ひっひっひー」のポーズ>

「ひっ」と声に出すことで首からデコルテまでの筋肉を引き上げ、リフトアップ効果で首のシワや二重アゴ、たるみを解消するストレッチ。
同時に複数の美容効果が得られる便利な体操なので、こまめに続ければ想像以上の若返りが期待できるかも?

<【首のしわ・デコルテケア】にさとう式リンパケアat富山城>

さとう式リンパケアインストラクターが教える、首のしわやデコルテに効くリンパマッサージ。
筋肉の緩め方を詳しく説明してくれるので、マッサージ後はコリやすい首元がとても楽になります。
しわ対策はもちろん、仕事の疲れを解消するのにも役立ちそうですね。

<二重あご・首しわ対策エクササイズ>

元劇団四季の女優という、異色の経歴を持つダイエットDNA遺伝子トレーナー・chisaさんが教えるエクササイズ。
口を大きく「イーッ」と開けながら上を向くことにより、首のしわやたるんだあごの肉を伸ばしていきます。
鏡を見ながら行うとより効果的だそうです。

<首のたるみ・しわ・こりに効果のあるプルスキン>

肌を引っ張る美容施術「プルスキン・ボディズ」で代表を務める、永井佳子先生が教える美肌術。
実際にやってみると分かりますが、首のあたりを軽くつまんだだけなのにとてもスッキリします。
気分転換にも最適なので、仕事や家事の合間にもぜひやってみてください。

首のしわだけでなく、黒ずみも気になる場合のお手入れ方法

首は紫外線の影響を受けやすく、洋服でこすれることもよくあるので、意外とメラニンができやすい場所です。
顔と同じように首~デコルテにもきちんと日焼け止めを塗り、できるだけ摩擦が起きにくい服装を選ぶようにしましょう。

そして、スムーズなターンオーバーを促し、できてしまったメラニンを排出させることが大切です。
お風呂上りには化粧水やクリームで保湿し、3~4時間以上ぐっすり眠って、ターンオーバーに必要な成長ホルモンをしっかり分泌させてください。
化粧品は、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタ、コウジ酸、エラグ酸などの美白成分を含むものを使うと効果的ですよ。
頑固な黒ずみがなかなかとれない時は、皮膚科でハイドロキノンやトレチノインを処方してもらう方法もあります。

ハイドロキノンにはメラニンの元となるチロシナーゼを抑制したり、できてしまったメラニンを還元させたりする効果が。
トレチノインには強力なターンオーバーの作用でメラニンを排出させる効果がありますが、効き目が強い分副作用も強いので、医師の指示を守って正しく使うようにしましょう。
▼ハイドロキノンの副作用
・白斑(皮膚の一部が白く抜けてしまう症状)
・皮膚の炎症や赤み
・黒ずみの悪化(日光からガードするためのメラニンが作られなくなるので、紫外線対策を怠るとかえってシミや黒ずみができやすくなります)

▼トレチノインの副作用
・催奇形性(ビタミンAが主成分なので、妊娠中に使用すると胎児に奇形が起きる可能性があります。授乳中の使用にも要注意!)
・黒ずみの悪化(ハイドロキノンと同じく、トレチノインの使用中は紫外線の影響を受けやすくなります)
・皮剥け、赤み(かなり激しく皮が剥けたり、皮膚が赤くなったりすることがあるので、計画的に使用するようにしましょう)

にっくき首のしわは、毎日のこまめなケアで防ぐ!

女性を何歳も老けさせて見える首のしわは、あるとなしでは大違い。
どんなにメイクや髪型が決まっていても、しわが目立つだけで残念な印象になってしまうので、保湿やUVケア、寝具選びなどに気を配り、なめらかな素肌を保ちましょう。
できてしまったしわには、レーザー、ボトックスなどの皮膚科で受けられる治療や、エクササイズ、保湿が効果的。
費用やかかる手間なども考慮した上で、自分に合った解決法を見つけてみてくださいね。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る